ふるさと納税の返礼品としてもらえる美味しい唐揚げ⑥|北九州からあげ選手権連続優勝の王者の味を自宅でいただく【北湘】

北九州に店舗をかまえる「北湘」

――美味しい唐揚げが食べたい。そう思い立った時、皆さんは何処に行こうと考えますか?
今や唐揚げ専門店がさまざまな工夫を凝らし、簡単に、お安く、早く食べられる、まさに唐揚げ群雄割拠の時代が到来しています。ですが、都会や聖地に暮らしていないと唐揚げ専門店があちこちにあるなんて夢の国はそうそう無いことかと存じます。
唐揚げはいつだって私たちにとって身近な料理でした。

 

食卓に並ぶ家庭料理だから?いえ、違います。唐揚げは割とどの店に行ってもメニューに存在するからです。
洋食屋、和食屋、中華屋、ラーメン屋、ファミレス、コンビニ、スーパーなどなど何処にでも唐揚げがメニューに並んでいませんか?
少し前の話ではありますが、ジョイフルとYouTuberのヒカルさんがコラボして唐揚げの提供を始め、ジョイフル史上記録的な売上記録を樹立したそうです。
その知らせを見た時、たくさんの人が食べた唐揚げがどんなものなのか私も知りたくてすぐに食べに出掛けたわけです。こちらに関しては機会があればいつか記事にしたいところではありますが、何処にでもあるからこそ、唐揚げは何でも良いわけではなくなったと日々感じております。

 

そう、私たちはいつだって美味しい唐揚げが食べたい。
例えば、特別に美味しいと、多くの人から賞賛を得た唐揚げ。
激戦区の中、雌雄を決する戦いに勝利をおさめた唐揚げ。
人々は美味しさの中にも、それたる理由を求める生き物です。
唐揚げの聖地で名を上げた猛者の逸品をひと噛みして、口の中にじゅわっと広がる肉汁を味わいたい、そう思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

さて、前置きが長くなりましたが、本日のふるさと納税返礼品の唐揚げをご紹介致します。
本日ご紹介させて頂きますのは、北九州に店舗をかまえる「北湘」
絶品過ぎるお取り寄せ唐揚げと、ご飯のお供に調味料にと何でもござれな食べるラー油をレポートしていきたいと思います。

黒い蓋を開けると、それは唐揚げの宝石箱でした

女王の唐揚スペシャルセット
女王の唐揚スペシャルセット

今回、紹介させて頂きますのは、北湘さん自慢の唐揚げと食べるラー油がひとつになったお得な「女王の唐揚スペシャルセット」です。
こちらは店舗通販で購入した商品になりますので、ふるさと納税の返礼品とは少し異なる点もあるかもしれませんが、ご参考の一助になれましたら幸いです。

 

まずは開封時の様子から。
自宅で食べるのはもちろん、誰かに贈りたいと思った時、どんな様子で届くのか気になりますよね?
出来れば化粧箱のようなものに入っていて欲しいと思われていた方に朗報です!
北湘さんの唐揚げセットなら、安心して贈り物としてご利用頂けます。
ダンボールを開けると、まずは高級感漂うブラックのラッピングペーパーに包まれて出てきます。
いやいや、中身は唐揚げですよね!?と思いながら包み紙を剥がすと、今度は中から黒い化粧箱が現れます。「女王の唐揚」と書かれた帯が巻かれており、それを外して蓋を開ければ、そこには綺麗なピンク色をした鶏肉と、奇跡のひとさじと書かれたラー油の瓶が所狭しと並んでいるのです。
これに喜ばない方はいません。(断言)
まさに唐揚げの宝石箱と言っても過言では無いでしょう。

到着してすぐ食べられる!でも、消費期限にはご注意。

美味しい揚げ方

唐揚げは要冷蔵で到着しました。
冷凍ではないため、到着してすぐに揚げられるというのはとても便利ですね!
用意するものは油だけ。
美味しく揚げるための工夫も親切に記載してくださっています。ただし、消費期限は2日だけ。すぐに食べない場合は冷凍保存をして下さいと記載がありました。

ナチュラル塩ダレ
ナチュラル塩ダレ

さて、今回は2種類の唐揚げを頂いたわけですが、これがもう本当に美味しい唐揚げなんです……!
まずはピンク色の鶏肉が美し過ぎた「ナチュラル塩ダレ」

 

ひと噛みした瞬間、口の中にじゅわっと広がる肉汁から鶏肉の美味しさがしっかり伝わってきます。
弾力のある確かな噛み応えと甘い脂を存分に味わうことが出来るので、単体で食べる以外にも唐揚げを使ったアレンジメニューが楽しめる自由度が高いものだと感じました。
そのまま食べるのはもちろん、同梱されていたラー油をかけて食べるのも絶品です。
味付けの濃い唐揚げが少し苦手な家族も凄く食べやすくて美味しいと絶賛していました。

 

そしてもう1種類が「門司港焼カレー味」なのですが、いや、もうこれは芸術です。

門司港焼カレー味
門司港焼カレー味

付属の粉チーズをかけて頂くという一手間が、なんてお洒落で素敵なんだろうと見栄えのことばかり考えていたのですが、一口噛み千切った瞬間、カレーのスパイスがしっかり効いた唐揚げのあまりの美味しさに驚愕しました。
いやいや、なんて大袈裟な、と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、辛すぎないながらもしっかりとパンチを効かせたカレースパイスに鶏肉の甘さが重なって口の中が幸せでいっぱいになるんです!
この唐揚げのお供はビールにする?日本酒にする?それとも白米?なんてあれこれ考えながら、一通り合わせてみましたが、どれも本当に最高で、私にとっては今年一番の唐揚げでした。
唐揚げ好きさんには、一度はご賞味頂きたい唐揚げです。

 

余談ですが、カレー味はほんのり色が黄色っぽいので、撮影用に唐揚げを積み上げているとき、まるで金塊のようだとブツブツ言いながら盛り付けをしていました。
カレーパウダーが入っているので、色んな種類の唐揚げを揚げる際には、カレー味は最後に揚げた方が良いかもしれませんね。

 

他にも「九州柚子胡椒味」「秘伝しょうゆダレ」の2種類があるそうで、こちらはまたの機会に頂きたいと思います。

食べるラー油を使った唐揚げトースト

食べるラー油を使った唐揚げトースト
唐揚げトースト

ここからは私の備忘録に近いオマケレポートです。
同梱されていた食べるラー油をご飯にかける、ラーメンに添える以外に、簡単に食べられる唐揚げアレンジレシピはないかと思い、ネットの海を徘徊していたところ、ラー油トーストというものに出会いました。
それは、マヨネーズと食べるラー油をトーストに塗って焼くといった、至ってシンプルな食べ物でしたが、マヨネーズと唐揚げの組み合わせは正義だと幼少期より刷り込まれていた私は「これは神料理降臨間違い無し」と、アレンジレシピ用にととっておいた唐揚げで早速作ってみました。
使用した唐揚げは門司港焼カレー味。卵とじしてチーズをのせ、カロリーモンスターにして頂きました。
トロトロのチーズとカレー味がまた良いんですよね。
朝の忙しい時間でも10分もあれば簡単に作れますので、アレンジレシピをお探しの方は是非お試し下さい。

材料

①昨日の残り物の唐揚げ(1~3個)

②食パン

③奇跡のひとさじ(食べるラー油)

④卵

⑤とろけるスライスチーズ

⑥マヨネーズ

材料
材料

作り方

①食パンにマヨネーズと食べるラー油を薄く塗る。ラー油の量はお好みで。

②唐揚げを細かく角切りにする。

③唐揚げを卵とじする。

④まずは①の状態で軽く焼いた後、③を加えて上にチーズを乗せて、再びトーストでしっかり焼く。

 

※唐揚げのカレー味と残った粉チーズを使っているため、卵にはあえて味付けをしていませんが、醤油だれや塩味の唐揚げの場合は、卵にみりんや砂糖を混ぜた方が美味しく頂けると思います。
※お好みでブラックペッパーをかけても美味しく頂けます。

ラー油トースト
ラー油トースト

志賀 みよこ

胃が弱い辛党。週に二回唐揚げ弁当を食べる。唐揚げで好きな部位はもも肉だが、むね肉の唐揚げはいくらでも食べられるのでそちらも捨てがたい。嗅覚で美味しいものを探す野生動物です。